郷土料理≪ちしゃもみサラダ≫

こんにちは。
野らぼーカンファレンスセンター店 のPR担当です。

晴れた日は、柔らかな秋の日差しが心地のよい季節となりましたね。
皆さまはいかがお過ごしでしょうか。

さて今回は、広島や山口、そして香川の郷土料理である『ちしゃもみサラダ』をご紹介します。

あまり関東では耳にしたことがないかもしれませんが『ちしゃもみサラダ』とは
“ちしゃ(レタス)”を酢味噌で和えた、お惣菜として親しまれている家庭料理のひとつなんです。

ちりめんじゃこをのせることで、じゃこのパリパリとした食感と、ちしゃのしんなりとした食感とがなんともいえません!やみ付きになること間違いなしです!

山口の防府市をふるさとに持つ俳人、種田山頭火が

【ふるさとは ちしゃもみがうまい ふるさとにゐる】

と詠んだことでも知られているんですよ。

野らぼーにご来店の際は、優しいほろ苦さがどことなく懐かしい
『ちしゃもみサラダ』を是非一度ご賞味下さいませ。

当店では、ご宴会用のコースメニューの他にも、おいしいアラカルトメニューを多数ご用意しております。

なかでも、名物である「丸亀焼き」は、野らぼー特製の
辛みそと鶏皮のパリパリがたまらない絶品メニューで
「四国のハイボール」との相性も抜群ですよ。

野らぼーカンファレンスセンター店は、大手町駅カンファレンスセンターのB1Fにございます。

スタッフ一同、皆さまのご来店を心よりお待ちしておりますので、是非お立ち寄りくださいませ。