【野らぼーのこだわり2】讃岐うどんで忘れてはならない”いりこ”のだし

大手町の居酒屋「野らぼー」では、讃岐うどのうどん居酒屋「野らぼー」とサクサクの天ぷらが人気!

こんにちは!
野らぼーカンファレンスセンター店のPR担当です。

残暑も日ごとに和らぎ、いよいよ食欲の秋到来となります。

サクサクの天ぷら、和食によく合う美味しい日本酒、気軽に立ち寄っていただける「野らぼー」では、本当に美味しい讃岐うどんを皆さまにお届けしております。

そこで今回は、讃岐うどんで忘れてはならない“いりこ”のだしについて紹介したいと思います。

■讃岐うどんに欠かせない“いりこ”

 

□瀬戸内という自然からの賜物により生まれた讃岐うどんの味わい

 

讃岐うどんの特徴で真っ先に思い浮かべるものは、強い麺のコシですよね。
そして、もう一つ忘れてはならないのが“いりこ”のだしです。

だし作りで特に重要となる煮干しを、讃岐では<いりこ>といいます。
良質な<いりこ>は、そのまま食べても十分に美味しく、この<いりこ>を使うことにより、濃厚でうま味の強いダシを取ることができ、讃岐うどんの独特の旨みとなるのです。

野らぼーでは、香川県伊吹島で生産される最高級の煮干し<いりこ>の中から、厳選に厳選を重ね、納得のいくものだけを取り寄せ使用しています。

讃岐うどん文化は小麦、塩、醤油、そしてこの『伊吹のいりこ』があったからこそ、生まれた文化なのです。

 

□丸亀市発祥の骨付き鶏を豪快に『丸亀焼き』

 

売れ筋メニューは、善通寺市隣の街からやってきた、香川の鶏料理『丸亀焼き』です。
鶏のもも肉1枚を特製スパイスで丁寧に焼き上げ、外はカリッ、中はジューシーに仕上げた、人気の一品!

野らぼー特製辛みそとパリパリとした鶏皮の絶妙な相性‥これが野らぼーの鶏の食べ方です。
お酒との相性も間違いなしです!ご来店の際は是非一度ご賞味ください!!

大手町駅 C2b出口より徒歩1分、日本橋駅直結のお酒とうどんが楽しめる居酒屋「野らぼー」は、愛情のこもった讃岐の家庭料理で皆さまをおもてなししております。

うどんはもちろん、おふくろの味として人気の高い「生油豆」や、エビのすり身を練りこんだ「赤ちくわ」など、香川から取り寄せた逸品が揃っておりますので、是非一度お立ち寄りください。

皆さまのお越しを心よりお待ちしております。

───────────

宴会コースはこちら